経年劣化によるお風呂の給湯器やシャワーホースからの水漏れの修理方法

240_4084家庭内の水回りには、何らかの原因で水漏れが起こることがあります。例えばお風呂でもいろいろな箇所で水漏れは起こりうるのです。こちらでは特に給湯器やシャワーホースから水漏れをしている場合の原因や修理方法をご紹介しています。

給湯器やシャワーホースからの水漏れとは

給湯器やシャワーホースから水漏れが起こっている場合、その原因にもいくつかあります。水漏れの原因にはどのようなものがあるか、またどのような方法で修理ができるかを挙げていきます。

給湯器からの水漏れの場合

シャワーや浴槽にお湯を供給する給湯器が原因で水漏れを起こしているとき、多くの場合は給湯管に問題があると考えられます。特に経年劣化によって、給湯管そのものが破損していたり、また給湯管の連結部分が弱くなっていたりすることが考えられます。給湯器周辺から水漏れしていることもありますし、また給湯管が通っている壁の中で水が染み出てしまっていることもあり、どこから水漏れしているかで修理方法も変わってきます。

シャワーホースからの水漏れの場合

シャワーホースも経年劣化によって破損し、その部分から水漏れを起こすことがあります。シャワーホースそのものに原因がある場合と、シャワーヘッドや給湯管との連結部分が緩んでいる場合が考えられ、その箇所もそれぞれに異なります。修理方法もその箇所ごとに異なり、原因に合った対処が必要です。

それぞれの修理方法

給湯器の水漏れの場合、主に水漏れが起こる給湯管を交換することとなります。連結部分のゆるみが起きている場合にもその部分を修理する必要がありますが、ゴムパッキンの劣化や安全弁などの故障が原因の場合はその部品を交換することで修理できます。いずれも自分での修理は難しいため、専門の業者に修理してもらうことをおすすめします。シャワーホースが劣化している場合、シャワーヘッドや給湯管との連結部分ならパッキンなどの交換で解決できることもありますが、シャワーホースそのものに亀裂などが入っている場合、シャワーホースそのものを交換することとなります。これらの部品はホームセンターで販売されていることも多く、比較的自分で修理しやすい箇所であると言えます。

給湯器やシャワーホースの寿命は10年程度

お風呂の給湯器やシャワーホースは、いずれも使用開始から10年程度経過した時点で修理や交換を考える必要があると考えてよいでしょう。特に給湯器の給湯管には水圧がかかっているため、経年劣化による破損は起こりやすいのです。また給湯器はその構造から、場合によっては壁の中の作業が必要になることがありますから、専門の修理業者を呼んできちんと直してもらいましょう。 お風呂回りから突然水漏れが起こってしまうと、特に壁の中の給湯管が破損している場合は、壁の腐食も引き起こしてしまい、ひいては建物自体にダメージを与えてしまうことがあります。水漏れの原因や箇所を見極め、適切な修理方法を選ぶことが大切です。
24時間365日いつでもお問い合わせください