トラップU管、ステッキ管が詰まる原因と様々な洗浄方法

243_4388排水管には、下水道の悪臭やガス、害虫やネズミなどを侵入させない構造のトラップU管やステッキ管が欠かせません。しかし、それらの排水管は詰まりやすいのが難点。排水管が詰まる原因や洗浄方法について、紹介しましょう。

トラップU管とステッキ管は何故詰まるのか。自力で直すには

排水管のトラップは必須

排水管には、悪臭や害虫を建物内に戻さない仕組みが必要です。そのために構造されているのがトラップで、トラップU管などのカーブの部分には常に水が貯まっている必要があります。ところが、ゴミや油汚れなどがトラップ付近に溜まり始めると、管が詰まりやすくなってくるのです。トラップ部分に貯まっていた水も乾燥が早まり、悪臭や害虫を防ぎにくくなります。排水管には、トラップが欠かせません。そのため、定期的に排水管を洗浄して詰まりの原因を取り除いておく必要があるのです。

排水管を自力で洗浄するには

目に見えないホコリや毛髪、体の油汚れ、小さな虫など、排水管に詰まり得るゴミはいろいろあります。すぐに排水管が詰まって水が逆流したり、悪臭がするなどのトラブルが発生する場合は、ゴミを排水口で止められるような道具を設置しておくのも一つの方法です。自力で排水管を洗浄するには、ラバーカップを使用したり、排水管の詰まりを取り除く専用の洗浄剤を使用する方法があります。いずれも簡単に出来ますが、強力な化学薬品の洗浄剤を頻繁に使用するのは控えておいたほうがいいでしょう。

排水管の洗浄を専門家に頼む場合

定期的な排水管の清掃

最近では、食生活の変化に伴って排水管に油脂分がこびりつきやすくなって排水が悪くなるなど、水回りのトラブルが増えています。マンションなどの集合住宅では、定期的な全体洗浄を行っているケースも少なくありません。排水管の詰まりを放置しておくと、最終的には排水管の交換に迫られる事態となります。勿論、トラブルが発生してから対処するのでは、水回りの使い勝手が悪いのを我慢しなければなりませんから、なるべく早めに専門家に依頼して洗浄するのが無難でしょう。

排水管の高圧洗浄

排水管の洗浄方法には、ワイヤー式パイプクリーナーという便利な器具もあります。先端にブラシなどの付いたワイヤーを排水管に挿入し、汚れを取り除くのです。家庭で行うことも可能ですが、上手くいかない場合は専門家に依頼するとよいでしょう。専門家を呼ぶなら、業務用の高圧洗浄機を使って排水管を清掃してもらう方法もあります。汚れを取り除く方法としてはより確実ですし、きれいな状態が長持ちしますから、頻繁に排水管を洗浄するのは大変という場合は高圧洗浄を選択するのもおすすめです。 排水管の詰まりは、水回りのトラブルの中でもストレスになるものです。特にマンションなどではバスルームで汚水が逆流するような問題も発生しやすいため、ゴミを流さないようにする、こまめに洗浄するなどの対策を自発的に行いましょう。
24時間365日いつでもお問い合わせください