汚水管の逆流は汚水枡(おすいます)を確認!汚水が溢れた時の対処法

IMG_4752トイレやバスルームなどの排水管から、水が逆流して溢れ出してくることがあります。汚水が逆流してくるのは、汚水が下水道に流れる前に汚れを貯めておく汚水枡が詰まっているからかもしれません。そんなときは、どう対処すべきなのでしょうか。

汚水枡の役割と清掃の必要性

汚水枡の構造と役割

汚水枡、あるいは排水枡と呼ばれる設備は、建物からの汚水が流れ着いて汚れを貯めておく場所です。一定の汚水が貯まると、下水道に流れていく仕組みになっています。汚水枡の底から汚れが貯まっていきますが、汚れが貯まり過ぎると汚水が溢れて逆流する恐れがありますから、定期的に清掃をする必要があるのです。汚水枡には、家庭の排水に混じったゴミだけでなく、木の葉などが詰まることもあります。専門家に清掃を依頼するのも、選択肢の一つです。

家庭で汚水枡の清掃をするときの注意

一目でわかるほどの大きなゴミが詰まっているなら、汚水枡のフタを開けて自分で取り除くのも困難ではないかもしれません。しかし、油脂汚れのように沈殿してこびりついた汚れは、汚水枡の深い部分にまで手や清掃道具を入れて掻き出すしかないでしょう。そもそもが汚水ですから、汚れや悪臭が体や衣服に飛び跳ねるのは必至です。特に一戸建てのお宅では、自分で定期的に清掃するか業者に清掃を依頼して、汚水枡の汚れを除去することが大切です。

汚水枡の清掃頻度と清掃方法

汚水枡を清掃する妥当な頻度は?

一戸建ての家庭の場合、汚水枡を清掃するかどうかは自己責任にかかっています。排水トラブルが発生するまでは汚水枡にまで気が回らない場合も多く、トラブルがあって初めて清掃を依頼する家庭も珍しくないといいます。とはいえ、排水トラブルは未然に防ぎたいものです。定期的に汚水枡を清掃するなら、1~2ヶ月に一度、あるいは年に4回程度を目安にするのもよいでしょう。マンションなどの集合住宅の場合は、管理者に確認してみる必要があります。

汚水枡の清掃を業者に依頼するポイント

汚水が溢れ出す、悪臭がするなどのトラブルが発生したときは、まず汚水枡をチェックしてみましょう。簡単に取り除けそうな汚れはその場で除去するとしても、ヘドロのような汚れが付いていたら排水管ともども洗浄したほうがしっかりトラブルを解決できます。ただし、大掛かりな洗浄になると専門的な道具が必要です。その場合は、業者に依頼して清掃してもらうのが妥当です。時々汚水枡を開けて、ゴミが詰まっていないか確認することもおすすめします。 汚水枡は認知度も低く、うっかりフタを割ってしまい汚れが入りやすくなることもあります。排水トラブルを未然に防ぐためには、汚水枡のチェックを定期的に行うのが一番です。
24時間365日いつでもお問い合わせください