トイレのオーバーフロー管(サイフォン)が老朽化によって折れて発生する水漏れとその対処法

246_4655トイレが何らかの原因で故障してしまうと、使うことができなくなって大変不便な思いをしてしまいます。トイレが故障する原因にはいくつかありますが、その中の1つにタンク内にあるオーバーフロー管の故障が挙げられます。オーバーフロー管とは、サイフォンとも呼ばれる部品で、タンク内の水が溢れないように調整するためのものです。 このオーバーフロー管が折れるなどして水漏れが発生したときに取るべき対処法を挙げます。

オーバーフロー管による水漏れ対処法

水漏れが起きてしまったら

トイレで水漏れが起こってしまったときには、まず水が供給されているところの処置をするところから始めます。その後、タンクの中の仕組みのどこに問題があるのかを調べます。オーバーフロー管を始めとして、トイレタンクの部品は老朽化によって不具合が起こることが多いですから、年数が経過したものには注意を払っておきましょう。 もし水が漏れてしまったときには、下記のような対処を取ります。

止水栓を止める

トイレのタンクに水がたまるのは、止水栓を調整して給水管に通すことによるものです。そのため、止水栓を完全に止めてしまえば給水を止めることができます。これでとりあえず水漏れが止まるわけです。

どの箇所に問題があるのかを調べる

タンクの外からの水漏れがないとすると、その原因はタンクの中にあります。タンクから便器に常に水が流れている状態であれば、タンクの中で何らかの不具合が起きていると考えてよいでしょう。ここでオーバーフロー管に問題がある場合、根本から折れてしまっていることが多くあります。

トイレで起こるトラブルは業者へ

業者への修理の依頼を検討する

オーバーフロー管は、老朽化によって根本から折れているケースがよく見受けられます。これを修理するとなるとタンクを外して処理をする必要があります。そうなると、素人ではなかなか対処しにくいですし、部品に関してもすぐに購入できずに取り寄せを待つ場合も考えられます。そのため、業者に任せて応急処置から修理までをお願いするのが無難でしょう。

業者に修理を依頼したときの料金

トイレタンク内のオーバーフロー管の修理を依頼する場合に、気になるのはどれくらいの料金がかかるのかという点でしょう。だいたいの相場で言えば、およそ10000円~16000円くらいになります。これには、作業費と部品代が含まれています。また、業者によってその料金設定にはばらつきがあるため、複数の業者を調べて比較してみることをおすすめします。 トイレの水漏れが起こったときにはあせってしまいがちですが、まずは止水栓を閉めれば水を止めることができます。その上で冷静に対処し、問題を調べましょう。もし原因がわからない場合も、専門の業者に依頼して修理してもらえば安心です。
24時間365日いつでもお問い合わせください