ボールタップかゴムフロートの部分による故障が原因の水漏れと修理方法

トイレが水漏れを起こしてしまったとき、その原因にはいろいろ考えられます。水漏れが起こる箇所にもさまざまにありますが、特に便器にチョロチョロと水が出続ける場合には、タンク内のボールタップかゴムフロートに不具合が起きている可能性があります。 この2つの不具合によって起こる水漏れとはどのようなものか、また修理はどのようにすればよいかを解説します。

トイレの水のトラブルのタイプと修理

トイレの水に関するトラブルには、主に下記のようなものが挙げられます。どこから水漏れが起こっている蚊をチェックするとき、下記のような箇所を見ると原因を突き止めやすくなります。

ボールタップが故障してしまったトラブル

トイレタンクに給水される量を調整する部品がボールタップです。これは、タンク内の浮き玉につながっており、その浮き玉の位置によって弁を開けたり閉めたりできる仕組みになっています。浮き玉の位置が上がれば水位が十分になっているため弁が閉まり、水位が下がれば浮き玉も下がり、弁が開いて給水ができるわけです。 ボールタップに不具合が起こると、水位の調整ができなくなり常に便器に水が流れ続けることとなります。

ゴムフロートが故障してしまったトラブル

ゴムフロートは、タンクに直接流れる水をコントロールする栓の働きをするものです。これは、水洗レバーにつながっており、レバーを上げることでゴムフロートが上がって水が流れ、レバーを下げるとゴムフロートが栓をして水が流れないようになります。 ゴムフロートは老朽化によって素材がもろくなってしまうため、それが原因となって水漏れを起こしてしまうことがあります。

その他のトラブル

上記のようなトラブル以外には、水位が上がったときに余分な水を便器に流す役割を果たすオーバーフロー管の破損や、給水管や排水口などの連結部分の老朽化や緩みといったこともよく起こるトラブルです。

トイレタンク内のトラブルの修理方法

トイレの水漏れに気づいたら、まず止水栓を閉めて給水を止めましょう。その後、原因がどこにあるのかを調べます。通常、トイレタンク内の水位はオーバーフロー管よりも2~3cm程度下の位置にありますが、水位がオーバーフロー管よりも上にあって水が便器に流れ続けていれば、ボールタップに不具合があることが考えられます。 また、水位に問題がない状態で水が便器にチョロチョロ流れている場合は、ゴムフロートによる栓がうまく機能していないと考えられるわけです。 ボールタップに不具合がある場合は中の弁のみ交換するか、本体ごと交換するかという方法になるでしょう。ゴムフロートは素材そのものの劣化がよくあるため、そのものを交換したり、レバーとつながっている鎖を交換したりなどが修理方法となります。 より確実に修理をするには、専門の業者に依頼することをおすすめします。とりあえずの応急処置に関しても適切に行ってくれて安心です。
24時間365日いつでもお問い合わせください