専門業者を呼ぶ前に、自分でできるトイレ水漏れの応急処置まとめ

246_4655突然起こるトイレの水漏れには困ってしまうものです。起こってしまったときにはあわててしまい、すぐに専門業者を呼ぼうと考えるところですが、トラブルの内容によってはとりあえずの応急処置でトラブルを治めることもできます。専門業者に連絡する前に自分でできる応急処置とはどのようなものかを挙げていきます。

トイレの水漏れトラブルの応急処置とは

トイレのいずれかの箇所で水漏れが起こってしまったとき、下記のような方法で応急処置を施せばとりあえず水漏れを止めることができます。

トイレタンクから水漏れしている場合の応急処置

トイレタンクの上下や給水管から水漏れしている場合、また便器へ流れる水が止まらない場合には、タンク周辺のトラブルであることが考えられます。そのトラブルの主なものに下記のようなものが挙げられます。 ・ボールタップ部の故障 ・フロートバルブ部の破損 ・オーバーフロー管の折れや外れ ・給水管の連結部分のゆるみ ちょっとした部品のずれやパッキンの老朽化などが原因となっていることも多いですから、そのような場合はずれを直したりパッキンを交換したりするだけで解決できることがあります。 給水管などの連結部分から水漏れしている場合は、ナットを閉めることで解決できますから、レンチなどの工具があれば専門業者を呼ばなくても修理できます。

ウォシュレットの水漏れトラブルの応急処置

家庭のトイレにもウォシュレットが導入されることが多くなっています。このウォシュレットにも水漏れが起こる可能性は考えられますが、電気で動く仕組みですから、下手に触ってしまうと感電や故障の原因を引き起こしてしまうことになりかねません。 ウォシュレットの水漏れが起こったときは、タンクのトラブルの場合と同じように止水栓を閉めて水を止めてしまいます。ウォシュレット便座についている給水パイプとつながっている止水栓を確認して閉めましょう。 その他応急処置としては、電気機器の部分やコンセントなどに水がかからないように漏れた箇所をよく拭いて水気を取ります。給水パイプとの連結部分から水が漏れている場合は、こちらもパッキンの交換で解決できることがあります。

まず最初に行っておきたいこと

いずれの場合でも、水漏れが起きている場合はまず給水を止めることから始めます。給水管についている止水栓を閉めて、タンクに水が流れ続けるのを止めましょう。その後、タンクの回りを確認し、給水管などからの水漏れでない場合はタンクのふたを開けて中を確認したり、ウォシュレット周りのチェックをしたりします。

応急処置ができたら落ち着いて業者に連絡

止水栓で給水を止めてから原因を探り、その原因がはっきりした場合は部品交換やナットの調整で応急処置が可能です。しかし原因がはっきりしない場合は、まず止水栓を閉めてから専門の業者に落ち着いて連絡しましょう。そのとき、水漏れの箇所や状態などを詳細に伝えることができれば業者が到着してからの処置もすぐに行うことができます。 トイレは毎日使うものですから、仮に応急処置を行ったとしても時期を空けずにまた不具合を起こすことは十分考えられます。応急処置でひとまず安心できますが、その後なるべく早く専門業者に修理を依頼するようにしましょう。
24時間365日いつでもお問い合わせください