シャワートイレでの漏水の原因は?見極める方法も知りたい

247_4747シャワートイレから漏水していたら、水が漏れている箇所によって修理の方法が違ってきます。シャワートイレの水漏れの原因を見極める方法を覚えておくことで、正しい対処方法を選択できるでしょう。

シャワートイレの漏水の原因は何か

シャワートイレの漏水の原因は老朽化がほとんど

シャワートイレで水漏れが発生するのは、老朽化などの劣化が原因になっていることが多いといわれています。といっても、ウォシュレットの部品が劣化しているのか、便器やタンクなどに問題があるのかは見分けがつきにくいでしょう。そもそも、電化製品であるシャワートイレは、慣れない修理をしているうちに感電してしまう危険もあります。まずは水漏れがどこから発生しているかを確かめて、自分で修理できる範囲かを見極めてください。

どこから漏水しているか

トイレのどこから漏水しているのか、シャワートイレの部品なのか他の部分からなのかは、シャワートイレの水を出してみて各パーツのどこかから水漏れしていないかをチェックするとよいでしょう。温水が噴き出るノズル、給水ソケット、パーツを結合している部分、作動ボタンの裏側から漏水することもあります。水漏れ具合がチョロチョロ程度だと、素人にも直せそうと思い勝ちです。しかし、精密機械をいじるのと一緒ですから、機械に弱い人が修理を試みるのは控えておいたほうが無難です。

シャワートイレは家庭で修理できる?

消耗したパーツの交換

シャワートイレにもメーカーごとに様々な商品があり、各パーツの消耗はあらかじめ予測されているはずです。良心的なメーカーなら、シャワートイレの種類によって消耗したパーツを家庭で簡単に交換できるようにしてくれているかもしれません。説明書を見てパーツの交換ができるようなら、チャレンジしてみるのもよいでしょう。ただ、止水栓を閉めても、内部に貯まっている水や付着した汚れが飛び散る可能性もあるため、バケツや手袋を用意して挑んでください。

電化製品としての修理

シャワートイレの水漏れを家庭で修理するのは、そう簡単なことではありません。例えば、パソコンの修理や部品交換は業者に依頼しなくても可能だとされ、実際している人も珍しくないとはいえ、業者に任せる人が圧倒的に多いのは修理が自己責任とされているためです。同じように、シャワートイレも精密機械の電化製品と捉えれば、自分で修理できるか業者に依頼したほうがいいかを決める判断材料になるのではないでしょうか。 シャワートイレの漏水は、他の部分の漏水と同様、水道代の浪費につながります。シャワートイレが使えなくなるだけではなく、電化製品ですから漏水から火事が発生しかねないことも考えに入れて修理をしましょう。
24時間365日いつでもお問い合わせください